【CULTI】クルティで人気のテシュートの感想!良い匂いだが匂い弱め

新築に住み始めて、インテリアグッズが欲しいなぁと思っていた時にアクタスで知ったクルティのディフューザー。

ACTUSでめっちゃいい匂い!と思って、購入したのを覚えています。

当時購入したのは、MEDITERRANEA(メディテラネア)という香りでした。
それが一つ目。その次にTESSUTO(テシュート)、別の部屋にARAMARA(アラマーラ)を購入しました。

今回はそのクルティを紹介したいと思います。

目次

【CULTI MILANO】クルティ ミラノは世界初のウッドスティック式のルームフレグランス

クルティミラノは1990年にイタリアで創業されたルームフレグランスのブランドです。

世界で初めてウッドスティック式のルームフレグランスを開発したみたいです。今ではスティック式のディフューザーはたくさんのブランドがありますよね。その初代だそうです。そんなクルティですが、商品ラインナップは、ルームディフューザー、ルームスプレー、香水、カーフレグランス、ホームサシェ、キャンドルがあります。ディフューザーだけかと思ったら結構あるんですね。知らなかった。

クルティディフューザーの種類

ACTUS onlineから引用

ディフューザーの種類ですが、5つのカテゴリーに別れていて、全部で10種類の香りがあります。全て把握できていないので、パンフレットから引用させて頂きます。

□FRUITY  フルーティ系 1種類
・ERA(エーラ): ベリーが実る静かな森をイメージした、忘れられない時間や時代を思いださせてくれる甘酸っぱい香り。
おすすめの設置場所:リビング、プライベート空間
おすすめの季節:オールシーズン

□FLORAL フローラル系 3種類
TESSUTO(テシュート/布):洗い立ての軽やかな布のような清潔感のある柔らかな香り。
おすすめの設置場所:リビング、ベッドルーム
おすすめの季節:オールシーズン

・LINFA(リンファ/樹液):ウッドベースの白スグリと木々に実るフルーツの爽やかな香り。
おすすめの設置場所:リビング
おすすめの季節:春・夏

・ODE ROSAE(オデローザ/地中海のバラ):地中海をイメージした甘くフレッシュなバラの香り。
おすすめの設置場所:リビング、プライベート空間、書斎、ベッドルーム
おすすめの季節:オールシーズン

AROMATIC アロマティック系 2種類
・THE(テ/お茶):煎茶やアールグレイの香りづけに使用するベルガモットなどがブランドされた香り。
 おすすめの設置場所:リビング、キッチン、書斎
 おすすめの季節:オールシーズン

・MAREMINERALE(マーレミネラーレ/深層水):朝の海をイメージした爽やかな香り。
 おすすめの設置場所:リビング、プライベート空間
 おすすめの季節:オールシーズン

CITRUS シトラス系 1種類
・ARAMARA(アラマーラ/海辺の聖域):地中海沿岸のオレンジやレモンの木々の間を抜ける風のような爽やかな香り。
おすすめの設置場所:リビング、キッチン、書斎
おすすめの季節:春・夏

WOODY ウッディ系 3種類
・A AQQUA  (エー/アクア):さわやかな中に甘みもしっかりと残る、シトラスやハーブの中性的な香り。
 おすすめの設置場所:リビング、バスルーム、書斎
 おすすめの季節:オールシーズン

・MEDITERRANEA(メディテラネア/地中海):ビターオレンジとレモンが爽やかな印象を与えるシトラス×ウッディな、大人の柑橘の香り。
 おすすめの設置場所:リビング
 おすすめの季節:春・夏

・MOUNTAIN(マウンテン/山):森林浴をしているような心地よい木々の香り。
おすすめの設置場所:リビング、書斎
おすすめの季節:秋、冬

このようなラインナップとなっています。私が使っているのは、MEDITERRANEATESSUTOARAMARAです。どれも良い匂いで気に入っています。

CULTIクルティの外観

クルティの外観はこんな感じ。開封前の写真。1000mlです。シンプルでお洒落なボトルですね。蓋の部分の木目がよりおしゃれ度を増しているように思う。パッケージもいい感じだ。

蓋を開けて、スティックを差し込む部分。スティックは7本付属しています。スティックの本数で香りの強弱を決める。

表側と裏側はこんな感じ。TESSUTOとARAMARAを並べてみました。両方とも2020年の7月に購入して、2022年2月で約半分くらい減っています。

裏側の下部には容量が記載してある。

1000mlと500mlを並べたらこんな感じ。一まわり、二まわりくらい違ってくる。一番最初に買ったのが、500mlでした。
1000mlの方がコスパがいいので、1000mlを買っています。

CULTYクルティディフューザーの置き場所は?

ディフューザーの置き場所ですが、玄関、寝室、洗面所、書斎など、さまざまな場所が考えられますよね。我が家では、寝室と書斎にクルティのディフューザーを置いています。上記の商品説明でも記載してありますが、使用シーンによってディフューザーを変えるのがよりリラックスできると思います。とりあえず、クルティを置いてみた感じの雰囲気を撮ってみたので、参考までに。

まずはリビンクの備え付けのテーブルに置いてみた感じ。我が家では基本物を置かないのですが、ディフューザーだけでもあればグッとおしゃれに見えますね。

玄関の窓のところ。光が入ってくるので、気温が上がり、匂いが回るとのこと。ティフューザーは暖かいところの方が匂いがまわりやすいみたい。

テレビボードに置いてみる。

キッチンのカップボードの上に。ここにはちょっと物が置いてあって、そこにも置いてみた。周りの物とマッチしているように思う。良い感じ。

洗面所。朝の気分をあげるために、ここに置いても良さそう。朝からテンションを上げたいところ。

ベッドサイドに。エレファントスツールの上に置いてみた。良い感じに眠りにつけそう。ただ、この状態だと手が当たったりして、倒れそうなので、

実際は、床に置いている。匂いが下から上に漂ってくるので、ちょうど良かった。

せっかくのお洒落なボトルが見えないのは残念だけど、最終的にここに落ち着いた。ちゃんとしたサイドテーブルを買わないと。

書斎の可動棚に。クルティの1000mlとなると、スティックも長くなり、高さが必要となってくる。可動棚だと、高さも変えれるので、問題なし。良い感じに収まったように思う。ドアの横に可動棚があるので、部屋に入ってくる時にちょうど匂いがして良い感じ。

最後にクローゼットの中に置いてみた感じ。洋服に匂いがついて、気分が上がります。クローゼットの中に置いておくのってなんかお洒落ですよね。見えないところにもお洒落をって感じでいいと思う。

CULTYクルティの持続期間は?

クルティの持続期間はどのくらいなのか。パンフレットによると、

・100ml  約1ヶ月
・250ml  約2ヶ月
・500ml  約3ヶ月
・1000ml  約5ヶ月
・2700ml  約8ヶ月
・4300ml  約12ヶ月

となっています。実際使用してみると、全く目安とは違っていました。1000mlを1年半使用したけど、まだ半分よりちょっとしたくらい残っています。おそらく、スティックの向きをあまり変えてなかったからかな?と思います。頻繁にスティックの向きを変えていたら、減りは早かったんじゃないかなぁ。というか、1000ml以上のものがあるのにびっくりした。1000mlまでしかないと思っていたけど、2700ml、4300mlがあるんだね。

クルティはとても良い匂いだけど、香りの強さはイマイチ

結論から言うとクルティの香りの強さは弱いです。初めは匂いが広がっていましたが、今は近づかないと匂わなくなりました。とても良い匂いだけに、ちょっと残念です。

パンフレットには1週間に1回、スティックを抜いてひっくり返して差し込むことを勧めていますが、それをしたら、多少匂いは広がりますが、大きな改善はなさそう。新しくスティックを購入した方がいいのかなぁと思いつつ、そこまで至っていないのが現状。最終的にはベッド横の下に置いています。そこだと、顔に近いので、ほんのりテシュートの匂いが香ってきて、良い感じに眠りにつけます。テシュートの石鹸のような良い香りが癒してくれます。リビングに置いてもあまり全体に広がってくれませんでした。

一応、交換用スティックもあるので、試してみてもいいかも。

ではなぜ3個も購入したの?ってなるんだけど、やっぱり見た目がお洒落だし、匂い自体は良いので気に入ってしまいました。今後、スティックを購入して匂いがどうなるか試してみたいと思う。

他に残念なところを言うと、スティックのところにホコリがへばりつくこと。

これはクルティだけじゃなく、スティック式のディフューザー全てに言えることですが、これがちょっと面倒。濡れティッシュでとるしかありません。あとは、テシュートが人気で売り切れが多いことです。残念なところはこれくらいです。

まとめ

今回はクルティのレビューをさせていただきました。香りの強さは弱いけど、匂い自体はとても良い匂いです。

商品の種類も多く、使用シーンにぴったりなものが見つかると思います。これからディフューザーの購入を考えている人は

クルティも検討してみてはいかがでしょうか。今回は以上となります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる