デロンギスティローザEC235Jのレビュー!安価でラテアートにおすすめなマシン!

どうもhiroです。

今回は、4月に新発売されたデロンギのスティローザ【EC235J】をレビューしたいと思います。

普段我が家では、デロンギマグニフィカSカプチーノスマートを使っているのですが、

スチームが付いていないので、ラテアートを作れませんでした。

ラテアートを作ってみたいなぁと思っていたところ、このスティローザが発売されたので、

これを機に購入してみました。Amazonで15,800円でした。

購入しようとお考えの方に参考になれば幸いです。

目次

デロンギ スティローザ EC235J-BKのスペック

デロンギ スティローザ
エスプレッソ・カプチーノメーカー
■型式番号
EC235J-BK
■仕様
  • 外形寸法(mm) : 幅210×奥行265×高さ300
  • 本体質量(kg) : 3.2
  • 色 : ブラック
  • 電源コードの長さ(m) : 2.0
  • 電圧/周波数 : AC100V/50-60Hz
  • 消費電力(W) : 1100
  • ポンプ圧(気圧) : 15
  • 抽出気圧(気圧) : 9
  • 給水タンク容量(エスプレッソ)(L) : 1.0
■機能
  • エスプレッソ
  • カプチーノ
  • エスプレッソ抽出 – カフェポッド
  • エスプレッソ抽出 – パウダー : 1杯・2杯同時抽出有り
  • ミルクの泡立て : 手動
  • スチームノズル : スタンダード
■付属品
  • タンパー : 計量スプーン一体型
  • フィルターホルダー
  • カフェポッド用・ 1杯取りフィルター
  • 2杯取りフィルター
■保証期間
1年
■生産国
中国
■その他
再資源化システム/欧州RoHS指令適合/二重成形非塩ビプラグ採用

デロンギ公式サイトから引用

このようになっています。

デロンギのロングセラーEC152Jの後継機となるようです。

このスティローザという言葉はイタリア語でスタイリッシュという意味で、

その名の通り、デザインがスタイリッシュでお洒落です。そのスティローザの外観を

みていきたいと思います。

デロンギスティローザを開封してみた

Amazonで注文して2日後には家に届きました。

この箱のまま届いたのでちょっと焦りました。。できたらプチプチなど巻いて欲しかったです。

まぁそれは置いといて、中をみていきたいと思います。

開封してみたらこんな感じです。

段ボールやプチプチなどで梱包されず裸のまま届きましたが、中はちゃんと緩衝材で商品が固定されていたので、問題はなさそうです。

本体と付属品を並べてみました。

付属品は、

・フィルターホルダー
・フィルター(1杯/カフェポッド用)
・フィルター(2杯用)
・タンパー/計量スプーン
・説明書

となっています。

フィルターですが、1杯用と2杯用があります。1杯用ではカフェポッドを使うことができるみたいです。カフェポッドとは、深煎りのコーヒー豆を極細挽きにして、1杯ずつプレスパックしたものです。

デロンギスティローザの本体の外観

本体の外観をみていきたいと思います。

□正面

黒色でスタイリッシュな印象があります。

□左右

□斜めから

□後ろ

□上部

蓋を開けると、水を入れるタンクとフィルターを収める場所があります。

右側にフィルターを一つ入れることができます。

□操作部分

操作部分はとてもシンプルになっていて、ダイヤルを回して OFFからON、抽出、スチームを選択することができます。

左下のREADYのランプが緑色に点灯すれば、スチームや抽出をできるようになります。

□フロッサー

EC235Jは、フロッサーが長くなり、スチームがやりやすくなっているということです。

私は、フロッサーがついている機種は初めてなので、比較ができないですが、

細く長くなっているので、フォームミルクが作りやすくなっているそうです。

前の機種や、デディカのフロッサーだと、改造したりしないと、うまくできないという口コミもありました。けど、このスティローザだと初めからこの長いフロッサーなので、その必要はないです。

□スチームのレバー

スチームを使うときにこのレバー下にすればスチームを出すことができます。

□受け皿

受け皿では、取り外しができるようになっており、高さがあるマグカップやグラスでも

置くことができます。

使用する前に空気抜きと、内部洗浄する

使う前に、空気抜きと内部洗浄をしなくてはいけません。

1.タンクに水満タンに入れてセットします。

2.空のフィルターとフィルターフォルダーを本体に取り付ける。

3.電源プラグをコンセントに差し、スチームのレバーを下に回す

4.ダイヤルを一番右のダイヤル(抽出)に合わせる。

6.フロッサーから水が出てくるので、タンクの水が半分になるまで出します。

7.ダイヤルをONに戻し、予熱を開始します。READYランプが緑色に点灯したら、
ダイヤルを抽出に合わせ、残りの水(お湯)を出す。この時は、本体真ん中の給湯口から出します。

8.お湯が全部出し切ったら、ダイヤルをONにし、容器の水を捨てます。

このサイクルを3回したら完了です。

カフェラテを作ってみる

カフェラテを作ってみたいと思います。

エスプレッソを作る準備をする

□フィルターホルダーに1杯用のフィルターをとりつけます。

□豆をグラインダーで挽いていきます。今回使った豆はこちらです。

成城石井のエスプレッソです。Amazonで試しに買ってみました。

これを挽いていきたいと思います。

豆を10g測ってグラインダーで挽きます。

挽き終わったら、付属の計量スプーンでフィルターに入れていきます。

入れ終わったら、反対側のタンパーを使って軽く押し込みます。

とりあえず、ここまでできたらこれで置いておきます。次にスチームミルクを作ります。

スチームミルクを作る

□スチームミルクを作っていきます。

冷えた牛乳をミルクジャグに170ml入れていきます。牛乳は成分無調整が良いみたいです。

ちなみに購入したミルクジャグはこちらです。

デロンギのミルクジャグもあります。

□次に、ダイヤルをスチームに回し、容器をフロッサーの下に置きます。

READYのランプが緑色に点灯すれば、準備OKです。

スチームのレバーを下に回して、フロッサー内部の余分な水とスチームを出します。5秒くらいしたら、レバーを元に戻します。

□フロッサーにミルクジャグを差し込んで、スチームのレバーを下に回します。

フロッサーの先端が3〜5mmくらい浸かるように差し、ミルクジャグを少し傾けます。
空気を取り込んで、チリチリと細かい音がして、牛乳のかさが増えてきたら、少し下げます。

そして、持ってられないくらい熱くなればOKです。

レバーを戻して、フロッサーについた牛乳の跡を布巾なので、拭き取り、スチームを少し出します。内部で牛乳が固まるのを防ぐため。

これで完了です。出来上がったのがこちらです。

意気込んで作ったのに、艶のあるスチームミルクには程遠かったです。。すみません。

このあとすぐに、先ほど用意したフィルターホルダーを本体にセットします。

エスプレッソを抽出する

フィルターホルダーを本体セットします。取手を真ん中くらいになるようにギュッと
動かします。

30mlを目処に抽出したいので、計量器を置いて測ります。
たまたま家にあったタニタの計量器を置くと、マグカップが置けなかったので、
トレイを取り外して置いてみました。こんな感じです。

なんかちょっと微妙な絵面ですね。。笑 計量器がブラックだと良かったかな。

READYのランプが点灯しているのを確認し、ダイヤルを一番右の抽出に回して、抽出します。

計量器の重さを見ながら、30gになるよう、ダイヤルをONに戻します。これで完了です。

淹れ終わったのが、こちらです。

ちょっとクレマがうまく出なかったです。

これに先ほど作ったスチームミルクを入れていきます。

案の定ですが、ラテアートもできず、ただスチームミルクを入れただけで終わりました。

ただ、飲んでみたらとても美味しかったです。

とりあえず、初めてのカフェラテ作りはこれで終わりです。

まとめ

今回、ラテアートを作りたいがために、デロンギのスティローザを購入したわけですが、

作るのが初めてということもあって、うまく作ることができませんでした。

YouTubeなどで、スチームミルクの作り方の動画などを見て、イメージトレーニングを

していましたが、実際に作ってみると、結構難しいなぁと思いました。

もっと練習して、上手なラテアートを作れるように頑張りたいです。

練習の経過などを、記事に追記したり、動画も撮っていきたいなと思います。

今回は以上となります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる